駒野友一

2010年06月30日

ベスト8ならず…パラグアイ 0−0(PK5−3) 日本

パラグアイ戦がロフタス・バースフェルドで行われ、
延長戦でも決着がつかず、PKとなりました。
PK戦で3人目のキッカー、DFの駒野が蹴ったボールがバーを直撃して外れ、
パラグアイは5人全て決めて
日本は決勝トーナメントは1回戦で、
南アフリカでの試合に幕を下ろしました。

大会前の不安を見事にチームの結束力が強くなったお陰で払拭され、
厳しい試合が予想されていた予選リーグを見事に突破できました。

オシム監督の代役に急遽抜擢された岡田監督は
チームを引っ張ってきたのは2年弱でしたが、
チームとして戦ったのは4年間で、眠れない日々が続き
私たちには分からない困難もたくさんあったと思います。

単純だけど「頑張るってこういうことなんだな」と
胸を打たれっぱなしでした。
試合終了後の選手の涙に魂と本気をみました。

長谷部の終了後のインタビューや
本田の「応援してくれた人も批判してくれた人も」という言葉
真の努力者が言うと説得力があります。

本当にお疲れ様でした!!

blog_ranking



fu__livedoor at 06:30|Permalink