衆議院

2009年07月14日

麻生首相、衆議院を21日解散を決意、8月30日投開票へ

産経新聞より一部抜粋
「麻生太郎首相は13日午後、首相官邸で開かれた自民党緊急役員会で、衆院を解散する意向を表明した。この後に開かれる政府与党連絡会議でも解散の意向を表明する。7月21日に解散、公示が8月18日、投開票は8月30日とする方針。

 緊急役員会には自民党の細田博之幹事長、古賀誠選挙対策委員長、尾辻秀久参院議員会長らが同席した。

 平成17年8月の「郵政解散」以来、3年10カ月ぶり。与党の自民、公明両党が過半数を維持するか、民主党を中心とする野党勢力が政権を奪取するかが最大の焦点となる。衆院議員の任期は憲法45条で4年と定められているが、戦後23回の衆院選のうち、任期満了に伴う選挙は昭和51年の三木内閣での1回だけ。残りはいずれも衆院の解散による選挙だった。衆院議員の任期は平成17年9月11日から21年9月10日までだった。」

都議選も民主側の勝利で民主党の内閣不信任案提出により
追い込まれた結果あっての決断でしょうか。
しかし解散と決めたなら一ヶ月も空ける必要があるのかどうか…
とりあえず8月頭には戦没者慰霊があるので選挙は避ける傾向は
昔からあるようですが…

blog_ranking



fu__livedoor at 00:00|Permalink