岡田武史

2010年06月30日

ベスト8ならず…パラグアイ 0−0(PK5−3) 日本

パラグアイ戦がロフタス・バースフェルドで行われ、
延長戦でも決着がつかず、PKとなりました。
PK戦で3人目のキッカー、DFの駒野が蹴ったボールがバーを直撃して外れ、
パラグアイは5人全て決めて
日本は決勝トーナメントは1回戦で、
南アフリカでの試合に幕を下ろしました。

大会前の不安を見事にチームの結束力が強くなったお陰で払拭され、
厳しい試合が予想されていた予選リーグを見事に突破できました。

オシム監督の代役に急遽抜擢された岡田監督は
チームを引っ張ってきたのは2年弱でしたが、
チームとして戦ったのは4年間で、眠れない日々が続き
私たちには分からない困難もたくさんあったと思います。

単純だけど「頑張るってこういうことなんだな」と
胸を打たれっぱなしでした。
試合終了後の選手の涙に魂と本気をみました。

長谷部の終了後のインタビューや
本田の「応援してくれた人も批判してくれた人も」という言葉
真の努力者が言うと説得力があります。

本当にお疲れ様でした!!

blog_ranking



fu__livedoor at 06:30|Permalink

2010年06月25日

【南アW杯】日本 E組2位で決勝トーナメント進出!

勝ちました!
睡魔には全く襲われず観戦できました!

前半17分に本田の得意の35?のFK
前半30分に本田かと思いきや遠藤FK でゴール!
前半は日本のシュートシーン多し

後半7分は川島がデンマーク選手と衝突してヒヤリとした場面があったが好セーブ連発
後半35分、長谷部がファウルをとられ、誤審疑惑がある中でPK
川島弾くも弾いたボールでゴールを決められる
日本はシュートシーンが激減、疲れが見えた松井と交代した岡崎が不安を吹き飛ばす3点目!

初の決勝トーナメント進出
目指せBEST4

応援した皆も速報を伝えて下さったメディアもお疲れ様でした
明るいニュースで日本の経済効果も上向きになります様に



blog_ranking続きを読む

fu__livedoor at 05:55|PermalinkTrackBack(2)

2010年06月15日

【南アW杯】日本 1−0 カメルーン

試合開始: 23:00
試合会場:フリー ステイト スタジアム
主審:ベンケレン

得点:本田圭佑(前半39分)
警告:阿部 勇樹(後半46分)
シュート:5
直接FK:29
間接FK:4
CK:0
オフサイド:4
ボール支配率(%)44

(前半)
39分右サイドからMF松井のクロスを
MF本田が落ち着いてゴール!
日本が前半をリードで折り返した。

(後半)
カメルーン・FWエトー等から怒涛の攻めに合うが
23分MF松井→FW岡崎 に交代 
37分FW大久保→FW矢野 に交代
43分MF長谷部→MF稲本 に交代

同40分にはムビアのミドルシュートが直接日本のクロスバーを叩き、
この後ウェボのシュートは決まったかに見えたが
日本のGK川島の美技に阻まれた。<時事ドットコム より>

サッカー日本代表がカメルーンに勝利した試合の平均視聴率(NHK総合)は、
関東地区で前半が44.7%(関西地区38.3%)、
後半が45.2%(同41.7%)だった。
15日、ビデオリサーチの調べで分かった。
14日までに放送された今年の全番組で、最高視聴率を記録した。<毎日jpより>

後半は正直、仕事の疲れからか睡魔に襲われてしまいました…
終了のホイッスルで目が覚めたという…後悔。
ハイライトを見てもう一度勝利に浸りたいと思います!

blog_ranking
fu__livedoor at 19:00|PermalinkTrackBack(10)

2010年05月10日

2010年FIFA WORLD CUP サッカー日本代表メンバー、本日発表!

いよいよ本日、13時55分に、南アフリカワールドカップに行くサッカー日本代表選手の発表日。
選手には事前告知は一切行われていないようです。
かつてのカズ&北澤@岡田ジャパン、中村俊輔@トルシエジャパン、久保@ジーコジャパン のまさかの落選を思い出します・・・。

既に確定していると言われている21名の選手の名前は畳んで掲載します。



blog_ranking続きを読む

fu__livedoor at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月16日

【南アフリカW杯アジア最終予選】日本 1 - 1 ウズベキスタン

10月15日(水)
2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
日本 1 - 1 ウズベキスタン (19:30/埼玉/55,142人)
得点者:27' シャツキフ(ウズベキスタン)、40' 玉田圭司(日本)

国歌斉唱は和田アキ子さん。
キーをかなりさげて歌っていたのと、和田さんの声質のせいか
なんか、お通夜モードっぽい感じになってしまっていたのですが…

それは置いといて(苦笑)、

ホームでの痛いドロー。
闘莉王のミスで前半28分、ウズに先制されてしまい
その後、玉田ゴールで同点になり、スコアドローで前半終了。
しかし、後半は決定力不足で闘莉王や中村俊輔が何度もゴールを狙うも
GKに挟まれたりして試合終了。
遠藤と俊輔の口の出血、大丈夫だったのかなぁ…

話は逸れますが、リポートの澤登さんの姿を久々に見ました。
変わってなくてビックリ。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年08月26日

【サッカー/日本代表】W杯最終予選、9月6日のバーレーン戦のメンバー発表

海外組が4人召集!巻が復帰!

岡田武史監督が記者会見で「W杯に出場するためには、
初戦のバーレーン戦は非常に大切で、
一番のポイントとなる試合でもある。アウェーでの戦いでもあるし、
難しい試合となる。背水の気持ちで試合に臨みたい」
と抱負を語りましたが、本当にそう思います。

日本は最終予選のグループ1で、バーレーンのほか、
オーストラリア、ウズベキスタン、カタールと同居。
上位2チームがW杯本大会へ進出。
3位はグループ2(韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、
UAE=アラブ首長国連邦)の3位チームとプレーオフを行い、
勝者がオセアニア地区代表とW杯本大会出場をかけてプレーオフを行う。
とのことですが、3位でのプレーオフは対戦国が
色んな意味で強すぎるので(^^; 避けたいですね。

10月9日に国際親善試合「キリンチャレンジカップ2008 〜ALL FOR 2010!〜」の
UAE戦が東北電力ビッグスワン(新潟)で行われることも発表されました。

メンバーはこちら。
GK:
川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)西川周作(大分)

DF:
中澤佑二(横浜FM) 高木和道(清水)
田中マルクス闘莉王(浦和)駒野友一(磐田)
阿部勇樹(浦和) 長友佑都(FC東京)

MF:
中村俊輔(セルティック/スコットランド)稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)
遠藤保仁(G大阪) 中村憲剛(川崎)
松井大輔(サンテティエンヌ/フランス)今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)

FW:
玉田圭司(名古屋)巻誠一郎(千葉)
佐藤寿人(広島)田中達也(浦和)

blog_ranking

fu__livedoor at 18:18|Permalink

2008年06月24日

【2010 W杯南アフリカ アジア3次予選】日本代表 1-0 バーレーン代表

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】
日本代表 1 - 0 バーレーン代表

キックオフ→19:20
会場→埼玉スタジアム2002
観客→51,180人
得点者→90分 内田篤人(日本・鹿島アントラーズ)
日本代表メンバー→
GK:18 楢崎正剛
DF: 2 中澤佑二(cap)  4 田中マルクス闘莉王
  15 安田理大→5 今野泰幸(後半28分)  6 内田篤人
MF:10 中村俊輔 7 遠藤保仁
  14 中村憲剛 17 本田圭佑→12 巻誠一郎(後半35分)
FW:11 玉田圭司 9 佐藤寿人→8 山瀬功治(後半20分)

SUB: 1 川口能活 3 高木和道 13 鈴木啓太 16 矢野貴章


雨の中、観戦に行かれた方、お疲れ様でした。
無事、3次予選首位通過を果たしました!
寿人がPK誘って俊輔のPKが外れて、本田が…って感じでしたが
90分に内田の恐らく巻にヘディングでパスをしたつもりが
見事にそのまま代表初ゴール!
なのに笑顔だけれど相変わらず冷静な内田(笑)。
巻の喜び方を見て、最初、巻がゴールを決めたのかと思ってしまいましたが(笑)
巻はジェフの試合でもそうですが、チームの勝利を
全身で喜びを表現する選手ですよね。
そういう優しい人柄でこれからもずっとあってほしいです。
試合内容は乏しかったけれど、ある意味交代は正解だったのではないかと思います。
楢崎のファインセーブもお見事でした。

ただ楢崎がインタビューで言ってたとおり、課題は山積み…
今回の試合はゴール前の詰めの甘さが目立っていたと思います。
9月までに頑張って修正してほしいと思います。

話は逸れますが、水本のガンバ電撃退団→京都電撃入団にビックリです。
ジェフもそうでしたが、ガンバも出入り禁止になったと聞きました。
心機一転、勇人と再会?もできたし、頑張ってほしいです。
blog_ranking 

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年02月10日

【東アジア選手権】日本代表メンバー23名発表

中国・重慶で行われる東アジア選手権
(2月17日〜23日、日本、中国、韓国、北朝鮮のリーグ戦)に参加する
日本代表メンバー23名が発表されました。

メンバーは以下の通り。

GK:川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)川島永嗣(川崎)

DF:中澤佑二(横浜Fマリノス) 加地亮(G大阪) 駒野友一(磐田)
   岩政大樹(鹿島) 水本裕貴(G大阪)内田篤人(鹿島)

MF:橋本英郎(G大阪) 羽生直剛(FC東京) 遠藤保仁(G大阪)
   中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)  阿部勇樹(浦和)
   山瀬功治(横浜Fマリノス) 今野泰幸(FC東京) 山岸智(川崎)

FW:播戸竜二(G大阪)巻誠一郎(千葉) 前田遼一(磐田)
   大久保嘉人(神戸)矢野貴章(新潟)

浦和の坪井が代表引退宣言…相当悩んだだろうなぁ。
今まで、お疲れ様でした。
そうそう、この大会、餃子問題で揺れている中国で行われるんですよねぇ、
色々と違う意味で心配が…アセアセ。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年01月28日

岡田JAPAN初戦 日本 0-0 チリ

キリンチャレンジカップ2008 
キックオフ:1月26日(土)19:10
会場:国立競技場
観衆:37,261人
気温:3.7℃

国歌斉唱は平原綾香さん。
前半はシュート2本。

後半に大久保と山岸がでてきた後、この状況を打破しようと必死でしたが
決定機を逃す場面多し。
チリの選手の個人技が素晴らしかったですね。
岡田監督の戦術にまだ慣れていなくて、慣れようと必死になっている印象…ですが
もっと煮詰めればいい方向にいける気がします。

私はいつものように仕事だったのですが、早めに帰れたので
電車の中でワンセグ観戦。
しかし、画面が小さいから、どの選手がどこを走っているのか
毎度のことながらわからないです(苦笑)。
私だけか????

寒波がすごい中、観戦に行かれた皆様もお疲れ様でした。
さぁ、次はボスニア・ヘルツェゴビナ戦。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年12月12日

新顔4人 岡田ジャパン候補発表

■GK:
 川口 能活(ジュビロ磐田)
 楢崎 正剛(名古屋グランパスエイト)
 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
 西川 周作(大分トリニータ)

■DF:
 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
 坪井 慶介(浦和レッズ)
 加地 亮(ガンバ大阪)
 田中 マルクス 闘莉王(浦和レッズ)
 駒野 友一 (サンフレッチェ広島)
※岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
※徳永 悠平 (FC東京)
 水本 裕貴 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 青山 直晃(清水エスパルス)
※安田 理大(ガンバ大阪)
 内田 篤人(鹿島アントラーズ)

■MF:
 橋本 英郎 (ガンバ大阪)
 羽生 直剛 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 遠藤 保仁 (ガンバ大阪)
 中村 憲剛 (川崎フロンターレ)
 鈴木 啓太 (浦和レッズ)
 阿部 勇樹 (浦和レッズ)
 山瀬 功治 (横浜F・マリノス)
 今野 泰幸 (FC東京)
 山岸 智  (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 長谷部 誠 (浦和レッズ)
 水野 晃樹 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 本田 圭佑 (名古屋グランパスエイト)

■FW:
 播戸 竜二 (ガンバ大阪)
 巻 誠一郎 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 前田 遼一 (ジュビロ磐田)
 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
※田代 有三(鹿島アントラーズ)
 矢野 貴章 (アルビレックス新潟)


※=日本代表候補初選出

【スタッフ】
■監督:
岡田 武史

■コーチ:
大熊 清
小倉 勉

■GKコーチ:
加藤 好男

■フィジカルコーチ:
矢野 由治

井原の入閣はデマだったのかな?
GKは川口、楢崎の2人の選出歴の長さにビックリ。
後進育成も大事ですよね…。
このメンバーに海外組が加わるのは濃厚。
初選出は優勝した鹿島から多いのは当然文句なし!
そして、水本。結婚おめでとうございます。

このデザインに関してはノーコメントで(笑)
nihondaihyou_unifom










blog_ranking


fu__livedoor at 23:59|Permalink

2007年12月07日

岡田新監督、本日就任会見

「コーチ陣はそのまま」 サッカー岡田新監督との事です。
オシム流継承でよかったです。

また後日、色々と記入予定です。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink