サッカー日本代表

2011年02月01日

長友がインテルへ移籍!

長友がチェゼーナへの完全移籍というニュースは
フライングだったようで…

長友は「インテルへは世界一になるための移籍」
「世界一のサイドバックになりたい」と
発言されており、今後に期待

2日からチーム練習に合流し、4日にインテル・ミラノの練習場がある
アッピアーノ・ジェンティーレのプレスルームで入団会見が行われる模様。

背番号は長友本人が選んだ55に決定しました。

インテルは昨シーズン、イタリア勢として初の国内リーグ、
国内カップ、チャンピオンズリーグの3冠を達成し
昨年12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは、
決勝でアフリカ王者マゼンベを下してクラブ世界一の
栄冠に輝いている世界屈指の強豪チームです。

インテルは公式サイト上で、
「インテルは長友を心から歓迎します。長友は日本サッカー界で
最も重要な人物のひとりで、2008年の北京オリンピック、
2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場。
今年1月のアジアカップではオーストラリアとの決勝戦で
李忠成の決勝点をアシストし、かつてインテルの指揮官を務めた
アルベルト・ザッケローニの下でアジア王者のタイトルを
獲得しています」と、長友を歓迎するコメントを記載されています。
(以上、サッカーキングよりイチブ抜粋)

インテルが1日に発表したチャンピオンズリーグの登録選手リストに
早くも名を連ねており、長友のチャンピオンズリーグデビューは
2月23日に行われるホームでのバイエルン戦が有力とか。

元鹿島アントラーズの10番のレオナルドが監督として率いる
インテルですが、
「私は15年前に日本を離れたが、日本サッカーをずっと追ってきた。
成長していると思う。長友はかなりの速度で成長したね。
そして、我々とともにいる。彼の功績だよ」
とコメントされています。

そしてザッケローニ監督は
「伝統のある世界の強豪クラブに行くことは日本サッカー界に
絶大な影響を及ぼす」と評価されました。
ミラン時代の教え子のレオナルド監督とも電話でやりとりされたとか。


そういえば、昔鹿島アントラーズの練習を観にいったことがあり
レオナルド選手の写真を今でも持っています…
ジーコのお兄さんのエドゥ監督に
手を振ってもらえた懐かしい思い出もあり。

長友のCLデビュー戦、地上波かBSで放送してほしい!

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2011年01月30日

<サッカー>アジア杯、日本が4年ぶりに優勝!

view0389395

まずは日本優勝おめでとうございます!!

最終日の日本時間30日未明)、日本がオーストラリアを延長戦の末に
1-0で破り、2大会ぶり4年ぶりのの優勝を果たしました。
相手の高さを生かした攻めと堅い守備に苦しみましたが、
56分、藤本に代わり、高身長の岩政が投入されてセンターバックに入り
今野が左サイドバック、長友が一つ前の左MFへ。
右足を痛めていた今野は、接触の多いボランチは無理と判断し
話し合った選手たちは、左サイドバックの長友を左MFに上げる案を
ザッケローニ監督に提案、選手の意見を尊重したことが見事に的中し、
延長後半4分に、長友が正確なクロスを上げ、途中出場のFWの李忠成が
ボレーシュートでゴール!(李本人にとっても日本代表初ゴール!
TVで打った瞬間のスパイクの音が凄かったです。)
これが決勝点となりました。
途中何度もゴールを狙われましたが、GK川島の神がかりの好セーブ連発。
日本は単独最多となる通算4回目の大会制覇。
MVPにはMFの本田圭佑が選ばれました。
これにより日本は2014年ワールドカップのプレ大会として、
2013年にブラジルで行うコンフェデレーションズカップの出場権を
獲得!!やりました!!

スカウトマンが多く来たというアジア杯。
この後、長友は、シーズン終了後の完全移籍のオプションが
付くこととなっていたが、チェゼーナが前倒しで長友との完全移籍に
踏み切ったようです。
そして、岡崎慎司はドイツの名門・シュツットガルトと推定年俸
130万ユーロ(1億4500万円)の3年半契約をメディカルチェック終了後
31日の正式契約をする予定と聞きました。

13年をかけて、ドーハの悲劇からドーハの歓喜へと変えてくれた
ザックジャパン、素晴らしい試合を、勇気をありがとうございました!

1月29日 サッカーアジア杯決勝 オーストラリア-日本 実況詳報と写真グラフ


blog_ranking


fu__livedoor at 22:00|Permalink

2011年01月26日

<サッカー>アジア杯、日本決勝へ PK戦で韓国に5年ぶりに勝利!!

「諦めない」という姿勢の大切さを両チームから
学んだ試合だったと思います…ドラマチックでした。

個人的雑感ですが…

■良かった点
→本田圭と岡崎の連携プレー 
長友のスタミナ(両チームの選手が後半疲れが見え始めているのに
ものすごいスピードで走ってました!)
川島PK2本止め(ここ最近の少し不調な感じが嘘の様。神様に見えた!)
中盤の長谷部の動き(そして相変わらず周囲や審判を冷静にさせるのはすご
い)

■改善すべき点
→本田拓のファウル
(韓国にFKのチャンスを与えてしまい、終了間際にゴール前の競り合いの末、同点に追いつかれてしまいました。韓国の底力はすごい)
そして、試合中の大事な場面にガムを噛んでいたり、FKのチャンスの時にも
ヘラヘラしていたり日本代表の自覚があるのか疑問でした(滝汗)。
奇誠庸の猿マネは論外!

川島が2本立て続けにPKを止めてくれたお陰で、劇的な勝利!
韓国が3人目、まさかバーで外すとは思わなかった…
今野は最初にPK与えてしまったけれど、最後自らPKをきっちり決めてくれました。
本田もPKを最初は外してしまいましたが、本田が蹴っている間に
細貝は既に走っていて(インタビューによるとこぼれ玉は決める!というのは本人のポリシーだそうです)見事に有限実行!!
PKというと、遠藤のコロコロPKを見たかった気もしましたが…まあいいか!(笑)。
試合終了後、監督同士もそうでしたが、長谷部は歓喜の輪から真っ先に抜けて
韓国の選手の健闘を称え、チームメイトとは一人一人に健闘を称え、
朴智星は真っ先に日本選手らに握手を求め日本の健闘を称えてくれたのは
観ていて清清しかったです。

【準決勝、宿命ライバル激突】71回目の日韓戦は死闘 実況詳報と写真グラフ

<サッカーキングよりイチブ転載>は畳んで表示します。


blog_ranking
続きを読む

fu__livedoor at 02:30|Permalink

2010年06月30日

ベスト8ならず…パラグアイ 0−0(PK5−3) 日本

パラグアイ戦がロフタス・バースフェルドで行われ、
延長戦でも決着がつかず、PKとなりました。
PK戦で3人目のキッカー、DFの駒野が蹴ったボールがバーを直撃して外れ、
パラグアイは5人全て決めて
日本は決勝トーナメントは1回戦で、
南アフリカでの試合に幕を下ろしました。

大会前の不安を見事にチームの結束力が強くなったお陰で払拭され、
厳しい試合が予想されていた予選リーグを見事に突破できました。

オシム監督の代役に急遽抜擢された岡田監督は
チームを引っ張ってきたのは2年弱でしたが、
チームとして戦ったのは4年間で、眠れない日々が続き
私たちには分からない困難もたくさんあったと思います。

単純だけど「頑張るってこういうことなんだな」と
胸を打たれっぱなしでした。
試合終了後の選手の涙に魂と本気をみました。

長谷部の終了後のインタビューや
本田の「応援してくれた人も批判してくれた人も」という言葉
真の努力者が言うと説得力があります。

本当にお疲れ様でした!!

blog_ranking



fu__livedoor at 06:30|Permalink

2010年06月25日

【南アW杯】日本 E組2位で決勝トーナメント進出!

勝ちました!
睡魔には全く襲われず観戦できました!

前半17分に本田の得意の35?のFK
前半30分に本田かと思いきや遠藤FK でゴール!
前半は日本のシュートシーン多し

後半7分は川島がデンマーク選手と衝突してヒヤリとした場面があったが好セーブ連発
後半35分、長谷部がファウルをとられ、誤審疑惑がある中でPK
川島弾くも弾いたボールでゴールを決められる
日本はシュートシーンが激減、疲れが見えた松井と交代した岡崎が不安を吹き飛ばす3点目!

初の決勝トーナメント進出
目指せBEST4

応援した皆も速報を伝えて下さったメディアもお疲れ様でした
明るいニュースで日本の経済効果も上向きになります様に



blog_ranking続きを読む

fu__livedoor at 05:55|PermalinkTrackBack(2)

2010年06月15日

【南アW杯】日本 1−0 カメルーン

試合開始: 23:00
試合会場:フリー ステイト スタジアム
主審:ベンケレン

得点:本田圭佑(前半39分)
警告:阿部 勇樹(後半46分)
シュート:5
直接FK:29
間接FK:4
CK:0
オフサイド:4
ボール支配率(%)44

(前半)
39分右サイドからMF松井のクロスを
MF本田が落ち着いてゴール!
日本が前半をリードで折り返した。

(後半)
カメルーン・FWエトー等から怒涛の攻めに合うが
23分MF松井→FW岡崎 に交代 
37分FW大久保→FW矢野 に交代
43分MF長谷部→MF稲本 に交代

同40分にはムビアのミドルシュートが直接日本のクロスバーを叩き、
この後ウェボのシュートは決まったかに見えたが
日本のGK川島の美技に阻まれた。<時事ドットコム より>

サッカー日本代表がカメルーンに勝利した試合の平均視聴率(NHK総合)は、
関東地区で前半が44.7%(関西地区38.3%)、
後半が45.2%(同41.7%)だった。
15日、ビデオリサーチの調べで分かった。
14日までに放送された今年の全番組で、最高視聴率を記録した。<毎日jpより>

後半は正直、仕事の疲れからか睡魔に襲われてしまいました…
終了のホイッスルで目が覚めたという…後悔。
ハイライトを見てもう一度勝利に浸りたいと思います!

blog_ranking
fu__livedoor at 19:00|PermalinkTrackBack(10)

2010年05月10日

2010年FIFA WORLD CUP サッカー日本代表メンバー、本日発表!

いよいよ本日、13時55分に、南アフリカワールドカップに行くサッカー日本代表選手の発表日。
選手には事前告知は一切行われていないようです。
かつてのカズ&北澤@岡田ジャパン、中村俊輔@トルシエジャパン、久保@ジーコジャパン のまさかの落選を思い出します・・・。

既に確定していると言われている21名の選手の名前は畳んで掲載します。



blog_ranking続きを読む

fu__livedoor at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月24日

【2010 W杯南アフリカ アジア3次予選】日本代表 1-0 バーレーン代表

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】
日本代表 1 - 0 バーレーン代表

キックオフ→19:20
会場→埼玉スタジアム2002
観客→51,180人
得点者→90分 内田篤人(日本・鹿島アントラーズ)
日本代表メンバー→
GK:18 楢崎正剛
DF: 2 中澤佑二(cap)  4 田中マルクス闘莉王
  15 安田理大→5 今野泰幸(後半28分)  6 内田篤人
MF:10 中村俊輔 7 遠藤保仁
  14 中村憲剛 17 本田圭佑→12 巻誠一郎(後半35分)
FW:11 玉田圭司 9 佐藤寿人→8 山瀬功治(後半20分)

SUB: 1 川口能活 3 高木和道 13 鈴木啓太 16 矢野貴章


雨の中、観戦に行かれた方、お疲れ様でした。
無事、3次予選首位通過を果たしました!
寿人がPK誘って俊輔のPKが外れて、本田が…って感じでしたが
90分に内田の恐らく巻にヘディングでパスをしたつもりが
見事にそのまま代表初ゴール!
なのに笑顔だけれど相変わらず冷静な内田(笑)。
巻の喜び方を見て、最初、巻がゴールを決めたのかと思ってしまいましたが(笑)
巻はジェフの試合でもそうですが、チームの勝利を
全身で喜びを表現する選手ですよね。
そういう優しい人柄でこれからもずっとあってほしいです。
試合内容は乏しかったけれど、ある意味交代は正解だったのではないかと思います。
楢崎のファインセーブもお見事でした。

ただ楢崎がインタビューで言ってたとおり、課題は山積み…
今回の試合はゴール前の詰めの甘さが目立っていたと思います。
9月までに頑張って修正してほしいと思います。

話は逸れますが、水本のガンバ電撃退団→京都電撃入団にビックリです。
ジェフもそうでしたが、ガンバも出入り禁止になったと聞きました。
心機一転、勇人と再会?もできたし、頑張ってほしいです。
blog_ranking 

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年06月10日

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】日本 1 - 1 オマーン

試合結果→日本 1 - 1 オマーン 

スターティングメンバー→
GK: 18 楢崎正剛
DF: 2 中澤佑二(cap)
  4 田中マルクス闘莉王
  3 駒野友一
  6 内田篤人
  → 15 今野泰幸(後半46分)
MF: 10 中村俊輔
  7 遠藤保仁
  9 松井大輔
  → 8 山瀬功治(後半33分)
  17 長谷部誠
FW:11 玉田圭司
  → 12 矢野貴章(後半46分)
  16 大久保嘉人

SUB
1 川島永嗣
5 寺田周平
14 中村憲剛
13 鈴木啓太

キックオフ→22:15
会場→オマーン・ロイヤル オマーン ポリス
得点者→12' アハメド・ムバラク(オマーン)
    53' 遠藤保仁(日本)

オマーン監督が前試合にて解雇、日本代表の数人の選手が体調不良などでダウン…
両チームとも緊急事態発生でコンディションも良くなく、猛暑の中での試合でした。
前半はオマーンの堅い守備に崩されそうな瞬間多し。
後半は果敢に攻めていけましたが、ゴールは割れず。
そして、後半の大久保の一発退場。
カッとなって理性が飛ぶのが早すぎるというか、
非紳士的行為は過去に何度もピッチ内でもピッチ外でもあるし、
選手や監督との信頼関係が崩れそうで怖いです。
試合終了後のオマーンの選手は笑顔で接しているのに対し
日本代表が疲れのせいなのか、お国柄のせいなのか、
少し対応がクールだったのが気になりました。
それにしても、遠藤のPKと楢崎のファインセーブには本当に助けられたと
感じた試合でした。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年02月10日

【東アジア選手権】日本代表メンバー23名発表

中国・重慶で行われる東アジア選手権
(2月17日〜23日、日本、中国、韓国、北朝鮮のリーグ戦)に参加する
日本代表メンバー23名が発表されました。

メンバーは以下の通り。

GK:川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)川島永嗣(川崎)

DF:中澤佑二(横浜Fマリノス) 加地亮(G大阪) 駒野友一(磐田)
   岩政大樹(鹿島) 水本裕貴(G大阪)内田篤人(鹿島)

MF:橋本英郎(G大阪) 羽生直剛(FC東京) 遠藤保仁(G大阪)
   中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)  阿部勇樹(浦和)
   山瀬功治(横浜Fマリノス) 今野泰幸(FC東京) 山岸智(川崎)

FW:播戸竜二(G大阪)巻誠一郎(千葉) 前田遼一(磐田)
   大久保嘉人(神戸)矢野貴章(新潟)

浦和の坪井が代表引退宣言…相当悩んだだろうなぁ。
今まで、お疲れ様でした。
そうそう、この大会、餃子問題で揺れている中国で行われるんですよねぇ、
色々と違う意味で心配が…アセアセ。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2008年01月28日

岡田JAPAN初戦 日本 0-0 チリ

キリンチャレンジカップ2008 
キックオフ:1月26日(土)19:10
会場:国立競技場
観衆:37,261人
気温:3.7℃

国歌斉唱は平原綾香さん。
前半はシュート2本。

後半に大久保と山岸がでてきた後、この状況を打破しようと必死でしたが
決定機を逃す場面多し。
チリの選手の個人技が素晴らしかったですね。
岡田監督の戦術にまだ慣れていなくて、慣れようと必死になっている印象…ですが
もっと煮詰めればいい方向にいける気がします。

私はいつものように仕事だったのですが、早めに帰れたので
電車の中でワンセグ観戦。
しかし、画面が小さいから、どの選手がどこを走っているのか
毎度のことながらわからないです(苦笑)。
私だけか????

寒波がすごい中、観戦に行かれた皆様もお疲れ様でした。
さぁ、次はボスニア・ヘルツェゴビナ戦。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年12月12日

新顔4人 岡田ジャパン候補発表

■GK:
 川口 能活(ジュビロ磐田)
 楢崎 正剛(名古屋グランパスエイト)
 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
 西川 周作(大分トリニータ)

■DF:
 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
 坪井 慶介(浦和レッズ)
 加地 亮(ガンバ大阪)
 田中 マルクス 闘莉王(浦和レッズ)
 駒野 友一 (サンフレッチェ広島)
※岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
※徳永 悠平 (FC東京)
 水本 裕貴 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 青山 直晃(清水エスパルス)
※安田 理大(ガンバ大阪)
 内田 篤人(鹿島アントラーズ)

■MF:
 橋本 英郎 (ガンバ大阪)
 羽生 直剛 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 遠藤 保仁 (ガンバ大阪)
 中村 憲剛 (川崎フロンターレ)
 鈴木 啓太 (浦和レッズ)
 阿部 勇樹 (浦和レッズ)
 山瀬 功治 (横浜F・マリノス)
 今野 泰幸 (FC東京)
 山岸 智  (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 長谷部 誠 (浦和レッズ)
 水野 晃樹 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 本田 圭佑 (名古屋グランパスエイト)

■FW:
 播戸 竜二 (ガンバ大阪)
 巻 誠一郎 (ジェフユナイテッド市原・千葉)
 前田 遼一 (ジュビロ磐田)
 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
※田代 有三(鹿島アントラーズ)
 矢野 貴章 (アルビレックス新潟)


※=日本代表候補初選出

【スタッフ】
■監督:
岡田 武史

■コーチ:
大熊 清
小倉 勉

■GKコーチ:
加藤 好男

■フィジカルコーチ:
矢野 由治

井原の入閣はデマだったのかな?
GKは川口、楢崎の2人の選出歴の長さにビックリ。
後進育成も大事ですよね…。
このメンバーに海外組が加わるのは濃厚。
初選出は優勝した鹿島から多いのは当然文句なし!
そして、水本。結婚おめでとうございます。

このデザインに関してはノーコメントで(笑)
nihondaihyou_unifom










blog_ranking


fu__livedoor at 23:59|Permalink

2007年09月03日

【サッカー日本代表】オーストリア遠征メンバー発表

FWは発表締め切りを過ぎての発表。

GK:川口能活(磐田)
  楢崎正剛(名古屋)
  川島永嗣(川崎)

DF:中澤佑二(横浜FM)
  田中マルクス闘莉王(浦和)
  加地亮(G大阪)
  駒野友一(広島)
  坪井慶介(浦和)

MF:中村俊輔(セルティック)
  松井大輔(ル・マン)
  稲本潤一(フランクフルト)
  橋本英郎(G大阪)
  遠藤保仁(G大阪)
  中村憲剛(川崎)
  鈴木啓太(浦和)
  阿部勇樹(浦和)
  今野泰幸(FC東京)
  山岸智(千葉)
  羽生直剛(千葉)
  山瀬功治(横浜FM)

FW:佐藤寿人(広島)
  田中達也(浦和)
  矢野貴章(新潟)
  巻誠一郎(千葉)

海外組みの召集が気になっていました。
松井、来ましたねー!!
是非、先発で見たい!
ジェフ勢は3人復帰…。

【TBは、管理者の承認後、反映されます。】

blog_ranking

fu__livedoor at 22:11|Permalink

2007年08月23日

キリンカップ2007 & 五輪アジア最終予選 & FIFA U-17ワールドカップ

サッカー日本代表が3試合もあった日でした。

■A代表【キリンカップ2007】

・日本2-0カメルーン
・18:30 / 会場:大分・九州石油ドーム

国歌斉唱は山田優さん。
エトーの来日しない噂はガセだったそうで^^;
仕事だったので、観れなかったのですが、
代表復帰組の2人が復活記念?でゴール!
しかも完封勝ち、やったね!
守備陣がしっかり奮闘してくれたのも大きかったですね。
それにしても、カメルーンときくと中津川村を思い出しますねぇ。
中津川村から500人応援に駆けつけたそうです。

■U-22代表【五輪最終予選】

・日本1-0ベトナム
・20:30 / 会場:東京・国立競技場

国歌斉唱は「千のかーぜーに〜♪」の秋川雅史さん。
A代表の次にTV朝日でそのまま放送。
TV観戦をしていた方は、A代表の勝利の余韻に
浸ってる時間があったのかなぁって、思ったりもしました。
A代表試合は観れませんでしたが、U-22代表は後半から何とか
ワンセグで観れたのですが、危うく下車し忘れそうでした(汗)。
A代表にも選出された青山がゴール!!

■U-17代表【FIFA U-17ワールドカップ】

・日本 0-3 ナイジェリア
・20:00 / 会場:光陽専用球技場

こちらは完封負け。
キャプテンはあの元日本代表の水沼貴史氏の長男だと
今知りました(汗)。
次のフランス戦ガンバレ!

【TBは管理者の承認後、反映されます。】

blog_ranking

fu__livedoor at 11:06|Permalink

2007年08月20日

【サッカー日本代表】キリンカップ・カメルーン戦 最終決定メンバー

GK 川口 能活 / ジュビロ磐田
GK 楢崎 正剛 / 名古屋グランパスエイト

DF 中澤 佑二 / 横浜F・マリノス
DF 加地 亮 / ガンバ大阪
DF 田中マルクス闘莉王 / 浦和レッズ
DF 駒野 友一 / サンフレッチェ広島

MF 橋本 英郎 / ガンバ大阪
MF 遠藤 保仁 / ガンバ大阪
MF 中村 憲剛 / 川崎フロンターレ
MF 鈴木 啓太 / 浦和レッズ
MF 阿部 勇樹 / 浦和レッズ
MF 山瀬 功治 / 横浜F・マリノス ※
MF 大久保 嘉人 / ヴィッセル神戸 ※
MF 今野 泰幸 / FC東京

FW 高松 大樹 / 大分トリニータ ※
FW 前田 遼一 / ジュビロ磐田 ※
FW 佐藤 寿人 / サンフレッチェ広島 ※
FW 田中 達也 / 浦和レッズ ※

※追加招集メンバー

山瀬、初招集おめでとうー!
海外組ゼロ。
そして、ジェフから召集はゼロ。
今のチームの成績を考えると、巻と羽生のケガに対する配慮も含め
正解ではないかと思います。
ジェフに限らず、成績不振が続くチームから多数が代表に選ばれるんじゃ
上位チームの選手は報われないでしょう。
勿論、全員が日本代表を目指しているとも限らないですが…。
ここはひとつ、ジェフも選手だけでなく、
フロント、サポ、スポンサーも一体となって、
また代表に返り咲けるように、頑張らないといけませんね。

カメルーン戦、エトゥーが来日しないようで…ビックリ。

【TBは管理者の承認後、反映されます。】

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年03月25日

キリンチャレンジカップ2007 日本2-0ペルー

先ずは、、、
川口、Aマッチ100試合出場おめでとうございます!
そして、、、

巻、2007年初ゴ━━━(T∀T)━━━ル!!!

いやー、よかった、よかったです。
使ってくれたオシム監督に感謝!って巻が言うセリフですな^^;
俊輔のFKが素晴らしかったです。
試合の流れはこんな感じ、、、、
5人も交代したんですね。

試合は見ていない上、巻の久々のゴールに
ホッとしてる気持ちばっかりでございます(汗)。
一度呼ばれなかったことがいいカンフル剤になったんでしょうか。

blog_rankingキャンディ・キャンディの商品が全然見られないのは
漫画家いがらしゆみこ氏と原作者水木杏子氏の著作権をめぐる
裁判が理由だったとは、、、今頃知りました(汗)。

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年03月22日

日本代表追加メンバーに水野、家長、松橋が初招集

【キリンチャレンジカップ2007 〜ALL FOR 2010!〜(3/24 対 ペルー代表@横浜国際総合競技場<日産スタジアム>)】日本代表 追加招集選手(07.03.21)

千葉勢羽生だけ オシムジャパンから消滅?…日本代表18人発表
このコメントを読んで、チームの状態をわかってるなぁと思いました。
結局不調のジェフからの水野は初召集。巻も復帰。
何はともわれおめでとう。
そして、どんな時でも「ラストチャンスかもしれない」という
危機感をもってほしいものです。

それにしても中村俊輔(セルティック)と高原直泰(フランクフルト)の
初のオシムジャパンへの合流は嬉しいです。
海外組がやっと召集されました。
松井もいつかは、、、、と期待。

blog_rankingペルー戦勝利の一票を☆

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年02月28日

北京五輪2008第2次予選 U-22 日本3-0香港

U-22日本代表 3−0 U-22香港代表  [国立]
1-0 平山 相太(前11分)
2-0 梶山 陽平(後20分)
3-0 増田 誓志(後38分)

GK:1 松井謙弥
DF:3 青山直晃、4 水本裕貴、5 伊野波雅彦(cap)
MF:6 青山敏弘→15 上田康太(後半39分)、
8 本田圭佑、10 梶山陽平、18 水野晃樹
FW:9 平山相太、22 カレン・ロバート→7 増田誓志(後半21分)、
24 李忠成→14 家長昭博(後半0分)

まずは水野がスタメンでホッとしました(をい)。
香港監督に「背は高いが足が遅い」と挑発的な発言をされた平山が
うまくカレンからのスルーパスに反応してゴーオオォォル!
前半、動いている選手とそうでない選手の動きに差があったような
気がしましたがね、、、

後半21分、右サイドで粘りまくった水野から中央へボールが入り、
梶山がシュート!いぇーい(^^)v
後半38点に増田が勝てん、、、いや加点!!

1点目と3点目は平山が絡んでましたなぁ。
見てるとちょっと気だるい感じもしたけれど
とにかく勝ててよかったデス、、、

そういえば、反町監督と井原コーチって「合わない」説は
どこまで本当っすかー?(・ω・;)

あと関係ありませんが、ヨーキーちゃんは、
TV画面に背を向けて爆睡しておりました。

blog_ranking次戦も勝利を!

fu__livedoor at 22:46|Permalink

2007年02月21日

練習試合でやっとゴールを決めた巻だけど…

サッカー日本代表の16日から千葉県の浦安市で始まった
東海大との練習試合もあった合宿も19日で終了しました。

闘莉王「巻、頼むから点取って!」
闘莉王は、熱くなりすぎちゃう癖があるのがちょっと気になるんです…。

どんな「仕事」も結束力が固まるより、分裂してしまうことが容易いけれど…。
2006年、W杯が散々な結果だったのは中田が他のメンバーと
うまくいってなかった事もあって余計に気になるのです。
キャプテン宮本は仲介役で必死だったようだし。

ただ、今回の巻に対する気持ちを吐露したくなる部分は同意。
でも…オシム氏は「まわりのせいで巻は点はとれない」とも言っている。
何はともあれ、巻。
そろそろオシムJAPANで「本番で」点をとらないとマズイですよ!
そして、闘莉王からのダメだしで何かを感じてほしい。

そして、川口の肉離れ…。
J開幕戦不出場の可能性大…、代表戦では復帰できそうですけど
2週間で治ったからといって安心はできん…。
鈴木や相馬や阿部も大丈夫か…。

blog_ranking平山とフックンの長男の顔が酷似です。

fu__livedoor at 00:00|Permalink

2007年02月17日

サッカー日本代表候補メンバー、28名発表

先日、DJ OZMAのパフォーマンスをした中澤佑二が
代表引退撤回!ですね?
個人的にはまだやる気があったようで
よかったー、よかったーです。
海外組未招集については「日本代表の試合のお陰で
海外で試合が出れなくなる」という理由もオシム氏は
仰っていたとかいないとか…?
海外組も日本代表の試合にもっと合流できやすいように
してもらえんでしょうか。
オシム氏、以前、スケジュール調整にかなり不満は持っていた
ようですけど、今は…???
プロチーム以外での選出はGKの林彰洋で二人目のようです。
大学生としては初?

GK
川口能活(磐田)山岸範宏(浦和)川島永嗣(川崎/※)
林彰洋(流通経済大/※)

DF
中澤佑二(横浜FM)坪井慶介(浦和)田中マルクス闘莉王(浦和)
阿部勇樹(浦和)今野泰幸(FC東京)

MF
橋本英郎(G大阪/※)羽生直剛(千葉)加地亮(G大阪)
遠藤保仁(G大阪)中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)
駒野友一(広島)野沢拓也(鹿島)相馬崇人(浦和/※)
佐藤勇人(千葉)田中隼磨(横浜FM)山岸智(千葉)
藤本淳吾(清水/※)

FW
播戸竜二(G大阪)巻誠一郎(千葉)我那覇和樹(川崎)
高松大樹(大分)佐藤寿人(広島)矢野貴章(新潟/※)

※初招集

blog_rankingペルー戦は観に行けません(涙)。

fu__livedoor at 00:00|Permalink