2009年06月19日

エイキエイキのぶっちゃけ隊!!

516pzje%2BhsL__SL500_AA240_「エイキエイキのぶっちゃけ隊!! 」
影木栄貴 著 新書館 版
2009年06月 発行 819円(780円+税)


興味がわいたので購入してみました。
個人的には影木さんの2歳下の弟の博文(ひろぶみ)さんの
エピソードに笑ってしまいました。
表紙に竹下元総理の下に無表情でVサインしているのが博文さんです。
この博文さんが影木さん、DAIGOさんの今の道を開いた人物であったことも
明かされていました。

彼女は漫画家である前に竹下元総理のお孫さんである前に
内藤家の長女で二人の弟の姉。
一般庶民が抱くような華やかで恵まれた生活であったようですが
常に人目に晒され、家族のお陰で家族が傷つく事が多かったようです。
でもみんながそれをわかっているから家族で解決しようとしていた。
それは竹下元総理が亡くなってからも、今も変わっていない。
TVではもう昔の話だからと、姉弟共に
周囲が安心して聞けるように話していましたが
当時はものすごく大変だったんだと思いました。

このコミックスの発刊の理由は
「祖父は総理で弟はミュージシャンである漫画家はなかなかいない」と
ぶっちゃっけぷりはDAIGOさんがTVでいい意味で開き直っているのをみて
いらないプライドを捨てることで、名刺代わりにしようと思ったと仰っていたが
有名になったDAIGOさんが事実でないことを言われたりして
傷つくのを見たくない姉としての、やさしさが強く感じられました。

あと最後に姉弟対談があったのですが、DAIGOさんの表情がすごく優しい。
あれがCDのジャケットだったらすごくいいのにと思う。
でもロックはやっぱり少しでもクールに決めたほうがいいのかな?

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00│ 書籍 | BREAKERZ