サンリオ キャラ弁コンテスト笑えるようで笑えない話。

2007年05月05日

火事に気付いた犬、飼い主起こして救う

火事に気付いた犬、飼い主起こして救う【京仁日報 2007年4月18日】

 京畿道コヤン(高陽)市に住むチュ・ジジョンさんは13日、自宅で夕食の用意をしようとなべをガスコンロの火にかけたままうっかり寝てしまった。やがてなべが燃え出し、室内に煙が充満したが、これに気付いた飼い犬のドゥビが寝ているチュさんの腹部に乗って飛び跳ね、襟を引っ張ったりほえるなどしてチュさんを起こした。目を覚ましたチュさんは煙を吸って意識がもうろうとしながらも消防に通報。駆けつけた消防隊員に救助されたという。消防隊員は煙の危険性を指摘したうえで「今回は犬が主人を起こしたために助かったようだ」と話しているとのことで、ドゥビの活躍が知られるとともにドゥビは“忠犬”として話題となっている。(訳文一部引用)

以前、アメリカ?で窒息したご老人を助ける為に
日本で言う119番通報し、命拾いしたという話と似ていますね。
わんこも無事でよかったです。

blog_ranking

fu__livedoor at 00:00│ ニュース 
サンリオ キャラ弁コンテスト笑えるようで笑えない話。