2007年02月20日

のだめの舞台、パリへ行くなら

エッフェル塔など、5分間の消灯

消灯された、エッフェル塔も風情があっていいかもしれません。
そして、地球温暖化への配慮。
明暗…いや、名案だと思います。

パリへは一度も行ったことがない私。
行くなら絶対エッフェル塔は行きたいです。
そして、「のだめ名所」も…(笑)。
詳細はコミックを…結局のだめエントリーは
いつまで続くのやら。

のだめカンタービレ #17 (17)

17巻が13日に発売になったので読破中。
いつも思うのですが、あくまでも私見ですが。
続編を望む声が多い「のだめカンタービレ」。
しかし、私は既にお腹イッパイです。
おそれているのが、キャストの改変。
やっぱりあのメンバーでなければ、私は
ミルヒー、いや見る気が起きませんなぁ。
原作の必要以上の内容の改変は作者が厳しい方なので
あまり心配していないのですが、、、
それでもドラマ仕様のオリジナルストーリーに
内容に満足できるかどうかも判りませんし。
パリ留学編では、のだめと千秋はすれ違いが多いので
単調化になること間違いない!と予想。
ただ、パリ留学編のドラマ化は作者が
「続きが書けなくなる」という理由で、
今も断固拒否しているらしいです。
のだめと千秋のお互い思いやる気持ちと
音楽に向き合う気持ちは既にドラマ化された
9巻の途中までで、ある程度固まっているので
もういいかなぁ、と思っています。

blog_rankingパリは住んでみたかったりもしますが…?

fu__livedoor at 00:00│ テレビ・映画 | 書籍

この記事へのコメント

1. Posted by さざえさん   2007年02月20日 22:42
うわ、17巻出たんですね。
最初13巻くらいまで一気に読んだんですがそのあとが、たまに出るコッミクスで、どんな話だったかと・・・

明日買ってこよう!17巻
2. Posted by fu   2007年02月23日 23:21
>>さざえさん

こんばんは。
返信遅れて申し訳ありません。
13巻から先はある意味単調化していますが、のだめと千秋の距離がもっと近くになっていると思います。
映像化はかなり難しい内容のような気もします(苦笑)。